―MESSAGE C.E.O―

代表取締役 松岡 雅昭

日本は世界でも有数のモータリゼーション社会です。自動車産業は現在でも貿易大国日本の基盤を支えており、国内を走る車種の豊富さは他に例を見ません。その一方で、安全で快適な運転に対するより一層の対策が求められています。字光式ナンバープレート(光るナンバープレート)は当社オリジナルで日本から産まれた世界の特許です。開発のキッカケとなったのは「暗くてナンバーの識別ができなかった…」という事故の被害者と後の開発者との会話で、ネーミングもそこから付けられました。昭和41年に当事の運輸省(現国土交通省)の品質試験に合格し、世界で初めて内部照明式の製品化に踏み出し、その後、幾多の実施試験、品質改良を重ね、まず昭和45年11月に札幌陸運局で交付、昭和47年には各都道府県の地方陸運局にて交付され、以来急速に全国に普及、現在では累計で560万台以上の取り付け実績を持つに至っています。視界不良の雪の北海道で生まれた「光るナンバープレート」はさらに次世代の車社会に対応すべく、新照明器や未来型プレートの開発などによって、安全運転、事故防止推進に貢献してまいります。ワールドオートプレートの社名は、その安全を全世界に…という願いの証しです。