―DEPLOPMENT―

日本で生まれた“光るナンバープレート”は海外進出を視野に入れています。ワールドオートプレートは下記の海外6ヶ国にてパテントを取得しています。

英国(United Kingdom)オーストリア(Republic of Austria)
オーストラリア(Australlia) 米国(United States of america)
韓国(Republic of Korea) 中国(People's Republic of China)
 その世界へ。

 昭和41年 運輸省船舶技術研究所(現交通安全公害研究所)の品質試験合格。

 昭和41年 村井興産株式会社設立(釧路)

 昭和43年〜昭和45年 北海道にて実施試験を実施

 昭和45年 実施試験合格、札幌陸運局管内にて交付

 昭和46年 ワールドオートプレート株式会社に社名変更(本社東京)

 昭和47年 全国地方陸運局管内に交付(同年3月・自管33号)

 昭和59年 札幌工場を群馬県館林市に移転、現在に至る。

 平成8年 新光源照明器具の研究に着手

 平成9年 軽自動車用字光式ナンバー試作

 平成12年 新光源EL照明器具、運輸省(現国土交通省)基準試験合格

 平成22年 新光源LED照明器具・大型用 国土交通省 基準試験合格

 平成24年 新光源LED照明器具・中型用 全国自動車標板協議会 基準試験合格